日本古来の漢方や中医学とも違う、新しい漢方ともいうべき「井上流漢方」について説明します。患者さんの気の流れをみて気を整えることを第一義とする「井上流漢方」を名古屋の井上先生の外来から報告します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0088.jpg
井上先生から以下の文章をいただきました。
今後、疾患ごとに漢方をまとめる予定だと仰言っています。
すこし先走ってブログに掲載させていただきました。
 このブログでも、これから、頑張って、井上流漢方の処方解説をしていきます!!
右の欄の「漢方処方解説」を時々見ていただければ、徐々に説明が増えていることと思います。
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆(以下引用;茶色部分はDr.サントのコメントです

地球環境、生活様式の激変した今日の日本人に対する漢方治療
井上内科クリニック 井上淳子

はじめに
 今日、私たちの住む地球環境は一昔前と比べ大きく変化してぎています。 例えぼ今年はお正月が過ぎてしばらくして日の光が強くなり、 一月 というのに日中は空気が丸く、春のような陽気です。 早、 アレルギー症状が出始めた患者さんを診ていますと、身体に身熱が篭っている、殊に肺に燥熱があるひとが意外に多いのです。

 近年、 日の光が強くなり、 夏には皮膚をさすよ うな感覚を覚えますが、 専門的には太陽黒点が多くなり、電磁波が強くなっている、 いわば地球全体が大きな電子レンジの中に入っている状況である と言われています。 従って人間も電子レンジでチンされ、身体が熱っせられて、干からびてしまいやすくなっています。

 夏ばてに使用するように指示されている麦門冬が配され、肺の燥熱を滋潤し、 黄柏が配され腎など内臓に篭った熱をとる清暑益気湯を今年はすでに一月に軽いアレルギー症状を起こしているひとに使用しています。

 又、今日、私たちの生活様式や食生活が大きく変化しています。夜遅くまで起きているひとが多くなり、 身体を動かすことが少なく、冷たいもの、冷えたものなどを過食することが当たり前になってきています。 一昔前と比べ、日本人の身体が虚弱化し、良く診ると隠れた裏寒や気虚「脾虚」に陥っているひとが激増しています。温裏剤や脾胃剤の使用の機会が増えています。

 漢方医学は時代の変化に応じ、柔軟に処方を変化させ、その時代に生きるひとに役立たせてきた医学です。地球環境や生活の激変を迎えた今日、 注意して良く見ると人間の身体は一昔前と比較して大きく変化してきています。従来からの漢方治療指針に終始するのではなく、今日の日本人に合った漢方治療指針を新たに構築する必要があります。

漢方医学の立場から診た今日の日本人は
1.従来、良く使用されてきた麻黄剤は極めて合いにくくなっています。
(→井上先生が麻黄が入っている方剤を使ったことを見たことがありません。葛根湯、麻黄湯、麻黄附子細辛湯、五積散、etc.すべてそうです。サントは、時々、井上先生の教えに反して使うことがあります。でも、PTMでよい反応がでて、大体が短期決戦の時のみです。たとえば風邪のごく初期や、寝違えのときなどにつかいます。間違って長期出してしまって、心虚になって寝れなくなった患者さんがいて、ひそかに反省したことがあります。世間の「風邪、肩こりと言えば葛根湯」いう風潮を井上先生は警戒しています。井上先生は風邪のときは葛根湯の代わりに真武湯をよく使います。確かに、サントのPTMでも真武湯のほうが麻黄剤より反応がいいことが多いです。PTMについては右の欄の「井上流漢方処方解説」を参照して下さい)

2.低体温のひとが増えている事実が示すように、今日は隠れた裏寒に陥っていることが多く、真武湯を始めとする温裏剤の使用の機会が極めて多くなっています。
(→井上先生は真武湯を多用されます。他には、茯苓四逆湯や四逆加人参湯をよく使います。まず、体の中の冷えを見逃さないことが治療のポイントだとよく言っています。アトピーで皮膚が熱を持っていても体の中が冷えていることが多い。また、顔が火照って熱を持っていても腰や足が冷えていることが多い。本当の実熱は現代人では少なくなっています。虚熱が多い。そのため、真武湯を多用されます。真武湯は冷え取りだけでなく、陰を補う方剤として補助薬として使うことも多いです。)

3.一見、身体つきは良くても、脾胃が虚しているひとが多く、脾胃剤が重要な治療処方となっています。
(→胃腸を丈夫にすることが漢方の基本であることは変わりません。体が頑丈そうに見える男性でも、結構、胃腸に問題があることがあります。小さい時の胃腸の弱さを引きずって大人になって体が虚しやすくなっています。胃腸が弱いとアトピーなどの皮膚疾患になると仰っています。女性でも甘いものの食べ過ぎで胃腸を弱らせている方が多いです。最近のヨーグルトが健康にいいという宣伝で、胃腸がそれほど丈夫でない方もヨーグルトを無理して食べています。それで、さらに胃腸が冷えて弱くなっていることをよく見かけます。井上先生は食事指導を徹底して行っています。甘いものを控え、コーヒー、生野菜、果物、ヨーグルトを控えるように言っています。脾胃剤としては六君子湯、人参湯、呉茱萸湯、茯苓飲、建中湯類、平胃散、etc.などをよく使われます。)

4.一億、総鬱の時代と言われるように、情報過多で変化の激しい社会の中で私たちは心の安定が図りにくくなっています。殊に心が萎えているひとが目立ちます。桂枝湯類や甘麦大棄陽、帰脾陽や加味帰脾陽、竹茄温胆湯などの温胆湯類、香蘇散や厚朴の配された方剤など、心にも効く漢方処方の出番が多くなりま した。
(→心の問題を持っている方がとても多い。イライラしたり、鬱になったり、不安になっらたり、パニックになったり、閉じこもりになったり、とさまざまな問題を持った患者さんが来られています。いわゆる教科書的漢方では柴胡剤をつかうかなと、思われる人にもあまり柴胡剤を使いません。むしろ、心の弱りがあれば、甘麥大棗湯、人参養栄湯、帰脾湯などをよく使います。とくに甘麥大棗湯を頻繁に使用されます。それだけ心の問題を持った患者さんが多いということでしょう。小建中湯などの建中湯類が鬱などの症状に効いたのには驚いたことがあります。)

5.身体が干からびている、津液不足に陥りやすくなっている今日の日本人には麦門冬など滋陰薬の配tれた滋陰剤の出番が極めて多くなりました。
(→上に井上先生が書かれているように、乾燥している方がたくさん来られます。昔に比べて空気は悪いし、黄砂はたくさん飛んでくるし、パソコン、スマホ、蛍光灯などの電磁波に一日中囲まれて私たちは生活しています。夜は遅くまで起きているので「陰」が枯れている状態になってきています。のどのイガイガが続いたり、動悸、息切れがあったり、皮膚が乾燥したりという症状をみます。麦門冬湯、滋陰至宝湯、滋陰降火湯、炙甘草湯、清暑益気湯などを好んで使われています。)

6.心肺が弱り、潜在性心不全となっているひとが多くなりました。木防已湯や真武湯生脈散などを広い年代の喘息やアレルギー、体調不良などにも良く使用します。
(→最近、潜在性心不全のことをよく話されます。上の4.で「心」が弱り、5.で「肺」が弱り、「心肺」が弱って、だんだん潜在性心不全が増えているのかもしれません、これはあくまでサントの推測です。のどには燥熱があるのに胸が冷えている方には真武湯生脈散をよく処方されています。最近は、木防已湯を処方されるケースも増えています。)
スポンサーサイト

【2013/01/27 17:28】 | 井上流漢方
トラックバック(0) |

IMG_0068.jpg1月××日外来

50代女性、新患
肩こり、頭痛、目がすっきりしない、ストレスなどの症状で来院される。
顔が固くて眉間にしわが少しある。
声に力がない。
他院ではアムロジピンなどの降圧剤をもらっている。
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆

腹診のために横になったもらって、
『夜は何時に寝ている?』と、井上先生
   「遅いんです、いつも12時過ぎてです、いつも遅くまで仕事していて、階段を上らないといけないので足が、左足が張って...」
   
『ちょっと動悸がしますね。』と、井上先生。
腹診をすると、『そんなにお弱い体でないですよね』、腹には力があるが、体全体の筋肉が緊張している感じ。
『下痢はしてない?』
  「しています」

『ちょっと起き上がってくださいね』と起きてもらって背中を触る。肝臓の裏の背中の部分が張って固い。
『特徴的なお体しているんですけど、肝のね、疳の虫タイプやね』とサントに、小さい声で教えてくれる。
『柴胡剤が入ってもいいという感じですが、どっちかというとね』

『どちらかというと普段は便秘がち?』
  「そんなことはないです、でも下痢もしやすいほうですね」
『じゃあ、一つ手前の加味帰脾湯からいくのがいいかね。そして落ち着いてから滋陰至宝湯とかにいきたいのですが。ちょっと体落ち着けてから行きましょうね』
『舌出してくれる』見るとくちは粘っています。
  「正月に風邪で熱を出したんです」
『それじゃ、やっぱり加味帰脾湯という薬で行って。いま137番をお飲ませしますので』と、その場で一袋飲んでもらって、外で待ってもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10分後に診察室に入ってもらってみると、顔つきが緩んでいます。
『頭スッとしたね。この薬で行きます』
*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*
そして今回は加味帰脾湯を処方されました。

井上先生のコメント
『特徴的なお顔をしていました。加味逍遥散とか滋陰至宝湯とか加味帰脾湯とかにしたい顔ね。そのグループの中から選べばいい。触った時に固い、脚が全体的に固かった。』

サントも、加味逍遥散がきつそうな場合に加味帰脾湯をよく使います。
カサカサタイプには滋陰至宝湯を出します。
この3つはグループと考えれば使いやすいです。
勿論、Photo Touch Method で確認してから処方しています。

 

【2013/01/16 23:08】 | 井上流漢方
トラックバック(0) |
井上先生の文章から「気」についての説明をみつけたので引用します。
原典は「現代のいわゆる自律神経失調症に対する漢方治療」(Wordファイル)です。

・・・・・以下引用・・・・・
まずは漢方医学における心身相関に関する基本的な考え方を紹介しましょう。
漢方医学では「気」という概念で心身を統一して捉えています。目に見えないエネルギー「気」を更に「気(実体のないもの」)と「血(より実体のあるもの)」に分けて考え、後世になると気血の「血」から狭義の「血」を分立させ、「血」と「水(血液以外の体液)」に分けて取り扱われるようになり、「気」、「血」、「水」(気血水)という3要素から病態を観察し治療するようになりました。
 気とは、下記のように考えられています。
● 目には見えないが身体に作用し精神にも作用するもの
● 血・津液および排泄物を押し動かし臓腑機能を促進するもの
● 身体を温める
● 過剰な排泄・出血を抑え、内臓の位置を保つ
● ものを変化させる
● 栄養にかかわる

(中略)

 古代中国には大自然の法則を5つの要素に分けて説明する陰陽五行説があり、漢方医学における疾病の診断治療の基礎となっています。
 五臓六腑にそれぞれ神が宿り、臓腑の機能を整えるとともに、各臓腑には固有の感情を内蔵していると考えます。また、疾病の内因として、七情と言い、極端な感情の逸脱が臓腑の気の過剰を来たし、病的現象として火を生じさせ、気の偏在を起こし、臓腑の機能を狂わせ、精神のバランスを失わせ、様々な身体の病気を引き起こすとともに、いわゆる自律神経失調症にもなると考えられており、それぞれに的確な治療薬方を用意しています。
 治療薬方については後に紹介いたしますが、ここでは「気と陰陽五行説の考え方」と、五行思想の五行がそれぞれ何に対応しているかを記した「五行配当表」を紹介しておきましょう。

 気とは、世の中を構成しているすべての最小単位で、物も心も命も気によって成り立っており、これら万物の変化の仕組みを理論化したものが陰陽五行説という考え方であり、五行(木、火、土、金、水)がそれぞれ何に対応しているかを記したものが「五行配当表」です。配当表をご覧ください、一見、荒唐無稽に思えるのですが、よく見ると鋭い感覚で病証を的確に捉えています。
・・・・・引用終わり・・・・・

是非、原典にあたってください。

hana35.jpg



【2012/12/13 20:55】 | 井上流漢方
トラックバック(0) |
 さて、コトダマ診断ですが、これの理論的根拠は科学的には説明できない。
「気」の存在自身を前提として話しているので、この前提自体が科学の議論の対象とはなりません。
でも、「東洋医学」の枠組みで話すと、「気」という言葉は通常使われているのでこれを前提にして話してもいいのではないでしょうか。

そうすると、簡単には以下のような構図で説明できます。

・・・医師が「~を飲んだと思ってください」と言葉を患者さんに投げかける。その言葉が患者さんの聴覚を通じて脳に働きかけて、脳細胞に化学変化を起こす。そして強い変化のときは神経やホルモンを介して体にも変化が起こる。たとえば、「梅干をなめたと思ってください」というと、自律神経が働いて自然に唾液が出てきます。
体に変化が起こらないまでも、脳細胞の化学反応と同時に気の変化がおこっていて、これを医師は察知すればいいのです。・・・

でも、この構図は問題があります、患者さんは梅干をなめたことがあるので、すっぱいと知っています。
過去の梅干をたべた経験が記憶から引き出されて唾液が出るという反応が起こっているのです。

一方、ほとんどの患者さんは漢方を飲んだことがない。
飲んだことがない漢方、見たことも聞いたこともない漢方でも「コトダマ法」は有効なのです。

こうなると、説明が難しい。井上先生に言わせると「私たちは宇宙の蛸の足の一本だからね」とこともなげにいわれます。

怪しいことを承知で書けば、
 1.コトダマ法は患者さんにとって未知の漢方でも有効です。
 2.漢方のみならず、西洋薬、その他種々の対象物で有効です。
 3.必要量も診断できます。
 4.投与期間も診断できます。
 5.併用する漢方も診断できます。

とまあ、怪しいことだらけですが、実際に効くのです。追って、外来の報告の中で説明します。

hana07.jpg



【2012/11/04 16:53】 | 井上流漢方
トラックバック(0) |
 井上流漢方を説明するのに「コトダマ法」は避けて通れないので、ここであらかじめ説明します。「言霊」と書くとかなり怪しいので、「コトダマ」とカタカナで表記しました。

私の理解した範囲では、
1.言葉で患者さんの気を動かして、その気の動きを察知して診断する方法、
2.および、言葉で患者さんの気を動かして治療に導く方法、
3.さらには、言葉で患者さんの内面(魂?)に働きかけて治療に導く方法

を言うものだと私は理解しています。

これは、井上先生自身が説明してくれればいいのですが、直感が優れた人に共通するように、ご自身では説明してくれないので私なりのつたない解釈です。

1.言葉で気を動かして診断する方法

井上先生がよく使われる方法です。

患者さんを診察してある証がたったとします。その証に対応する漢方が3つぐらい頭に浮かんできたとします。そこで、一般的には、その漢方医の経験や口訣などに基づいて、その中からもっとも適合すると思われる漢方を処方することになります。

でも、現実には証が錯綜してはっきりしないことがとても多い。瘀血もあって、気滞もあって、胸脇苦満もあって、のぼせもあって、便もゆるいし、冷えもある。こんなときには何を処方するかはとても難しい。医者によっては5つも6つもの漢方を同時に出す人もいます。でも、患者さんは漢方だけで腹いっぱいになってしまって、症状はちっともよくならない。

コトダマ法だと、たとえば3つの漢方が候補に挙がってどれを使うか迷ったとします。ここで、井上先生は患者さんに次のような言葉を投げかけます。
「何々さん、Aという漢方を飲んだと思ってください」と。すると、患者さんの内部の「気」の流れが変わるので、それを井上先生が自分の体で察知します。
「頭がスッとする」とか「腹が暖かくなる」とか、元の症状がよくなる方向の気の反応があればその漢方はその患者さんに適合します。
Aの漢方でよくない反応が出れば、BもCもやって、もっとも気の流れがよい処方を選択することになります。
敏感な患者さんだと「頭がスッとするとか」「腹が暖かくなる」とかいう反応を同時に感じていて、自分でしゃべってくれます。
(* 今後、井上先生の外来からの症例報告でコトダマ診断を具体的に書きますので見てください)

「コトダマ法」とはただこれだけのことです。「~を飲んだと思ってください」というだけ。でもこれが難しい。常人には患者さんの気の変化を感じ取ることができない。井上先生に「簡単にわかるでしょ?」といわれても、見学しているサントは「ウ~~ン、なんとなく」としか言うしかない。

でも、患者さんはどんどんよくなっていく。やっぱり本物だと思って半年間わからないなりにも通い続けました。

井上先生のような特殊な能力がなくても、サントのような普通の医者でも患者さんの気の流れがわかる方法がないものかと思い模索しました。

その結果、編み出した方法がPhoto Touch Method(フォトタッチメソッド:PTM)です。これについては別の機会に述べます。
PTMを使い始めてから井上先生の「コトダマ診断」は本当だと腹から納得できました。

hana3.jpg

追記: 井上先生の「漢方治療入門講座」にコトダマ診断について書いている箇所を見つけましたので、以下引用します。

『 漢方医学は気の医学です。
腎気丸と言うように、漢薬は経絡や臓器の気を動かすことで身体症状を改善するばかりでなく精神状態も同時に好転させます。

漢薬は少量でも充分な効果が得られることを良く経験します。
例えば、今日のように「一億総鬱の時代」では、軽い鬱の方に気分の落ち込みを払い元気をつける補中益気湯をよく投与しますが、エキス顆粒3gを1日量として充分な効果を得ることができます。
しかし、産後などで身体の力が著しく衰えた方は違います。エキス顆粒では薬力が弱く煎じ薬として投与します。また、精神錯乱に近い方に桃核承気湯エキス顆粒7.5gを一度に服用させ効果があったことがありますが、私は0.5gをなめただけで気を鎮めたことがあります。

当診療所には私がある漢薬処方の名前を口にした途端に楽になった、「それを今必要としている」と教えてくれる患者さんが来ています。
特に漢薬は目に見えない世界に通じているように思えます。』


追記を閉じる▲

【2012/11/04 16:24】 | 井上流漢方
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。