FC2ブログ
日本古来の漢方や中医学とも違う、新しい漢方ともいうべき「井上流漢方」について説明します。患者さんの気の流れをみて気を整えることを第一義とする「井上流漢方」を名古屋の井上先生の外来から報告します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0268.jpg6月××日外来

30代女性
4か月生理がないと言って来られる
背の高い痩せた人
色もしろい
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆
『どうですか?』
   「4か月生理が来ないです」
『婦人科に入ってみた?』
   「いってないです、」
『横になってくれますか?』と、腹診のために横になってもらう。

腹診をしながら、患者さんの顔がさえないので『そうやねぇ、命燃やしいて生きとる?』と聞きます。
   患者さんは「はい」と、小さい声で答えます。
『今、早く閉経する人が多いよ。そう気にすることはないんだよけど。たださぁ、命燃やして生きてほしい』
   「はい」
『ちょっとお腹弱いよね、丈夫でないよ』、腹は冷えていて腹力が弱い。

『便秘がち?』
   「そうです」
『たとえば大防風湯とか。腸が弱いものね。』と、サントに言います。
『幸せと、思って生きていかんとね、幸せと思える生き方。思い切って前に行ってみ』
   「はい」と、小さく答えます。
   
『大防風湯を飲みました...』前置きなく、そのまま言霊診断を始めました。『これ、頭すっと下がるので、気が下がるので、これにしてみます。いわゆる漢方のホルモン作用のある薬を出すよ。腎を強化する薬ね』
   「ありがとうございました」
*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*
そして今回は大防風湯を出しました。

井上先生のコメント
・大防風湯は膝や腰の薬と思っていたのですが、生理不順にも使えるのですか?と、聞くと
『そうです。補腎して駆瘀血する。気血両虚タイプで牛膝で軽く駆瘀血して、補腎する。ああいうタイプは桂枝茯苓丸とか無理やもの。十全大補湯より余計に補腎する力がある。痩せていて、オッパイが張っていなくて男の子か女の子かわからないような女の子で、生理が2年も来ないというような人に良く出します。』

・『動物生薬が保険では使えないので、大防風湯がそういう点では使える』と、答えてくれました。



【2013/06/07 22:05】 | 症例
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。