FC2ブログ
日本古来の漢方や中医学とも違う、新しい漢方ともいうべき「井上流漢方」について説明します。患者さんの気の流れをみて気を整えることを第一義とする「井上流漢方」を名古屋の井上先生の外来から報告します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMG_0122.jpg2月××日外来
40代女性
頭痛があると言って通院している方
痩せていて、すこし声のトーンが高い。
前回は半夏白朮天麻湯を処方している。
☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆
『どうですか?』
   「この前のお薬で首のこりが取れて調子よかったです」
   
『右腓骨神経麻痺はどうですか?』
   「あれは、整形に行って、力はいいんですが、まだピリピリがするのが残っていて、完全ではないんですが」
『それじゃ、この薬もう少し行こうね』
『腓骨神経麻痺は胆経の症状だからね、半夏白朮天麻にした。』と、サントに説明してくれる。腓骨のところは足の胆経が走っています。半夏白朮天麻湯は胆経の実の症状に使えるのです。

横になってもらって腹診をすると『胃がジャバジャバしているね』と、胃内停水をみとめます。
『舌出して』と、舌を見ると、歯根があって水毒の所見があります。

『早く寝ている?』
   「早く寝ています」
『食べ過ぎ気を付けてね』
   「食べ過ぎていません」
『これでいいと思うので、同じお薬にしときますよ。あとは神経をとがらせないこと。とがった分、自分が損するで、いろんなことあっても見て見ぬふりして、自分の本当にやりたいことだけニコニコしてやっていればいいよ』
*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*::*
今回も、半夏白朮天麻湯を続けて処方しました。

井上先生のコメント

・半夏白朮天麻湯の目標は?と聞くと
『胃内停水で、水毒もあるし、声のトーンも高い。腓骨神経麻痺もあるし、胆経の症状が特徴的』
『声のトーンが高くて、語尾が上がる。ちょっととんがっていて、険しくて、一見抑肝散加陳皮半夏に似ている』

・井上先生は、最近春になって清暑益気湯と半夏白朮天麻湯を処方する機会が増えていると仰っています。
サントの理解する限りでは、どちらかというと、清暑益気湯は「肝」の熱、半夏白朮天麻湯は「胆」の熱を表すようです。
「肝」と「胆」は臓腑では表裏の関係にあります。すると、春の気が動き出して、肝と胆に熱が起こって症状を出しているのかもしれません。

・半夏白朮天麻湯が胆経の症状と関係するとはどこの本にも書いていません。
経絡の流れがわかって、漢方も自由自在に扱う井上先生だからわかることなのでしょう。やっぱり、いつも言うように、漢方を理解するには鍼の知識は必須です。
*足の胆経:顔面-体幹-足の外側面を走行する足の少陽経。片頭痛、脇の痛み、腰痛などに関係する。

【2013/02/27 22:50】 | 症例
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。